Belle-x Inc.

代表挨拶

TOP MESSAGE

ネイルサロン事業会社であるベレックスは、ネイルを楽しむ人の「美しく、心豊かに、健やかでありたい」という願いにお応えする企業であり続けたいと考えます。お客さまの暮らしや時を豊かにすることで、より良い未来へつないでいくことが私どもの使命だと考えています。

お客さま目線の発想からはじまった「指先を美しく保つための月額会員制度」というビジネスモデルが、ベレックスの強みであり特徴です。お客さまが安心して受けていただける接客のため、研修を通じて接客の心配りや幅広い知識、施術技術を磨き、日々心のこもったおもてなしでお客さまをお迎えしています。

その根幹には、第一に「爪の健康」にフォーカスし、あらゆる人びとのより良い爪をともに描いていきたいという想いがあります。

加速するニーズの多様化にお応えするべく、従来のネイルサロン事業に加え、自宅でのハンド&ネイルケア習慣を築くためのネイルケアブランドを展開するなど、事業のフィールドを広げています。

ベレックスは1992年10月に創業し、1997年から会員制ネイルサロン事業をスタートさせました。 創業以来、多彩なネイルサービスに着手しながら、ネイル業界では初のサブスク型ビジネスモデルを導入するなど、常に柔軟な発想で新たな試みにチャレンジしてまいりました。

2022年度はネイルサロン事業が25周年を迎えます。 これまで培ってきた信頼の土台をベースに、技術力、接客力、新店力の強化を図るとともに、「未来につながるネイル」の発展のため、従来の「ネイルデザイン」サービスに加え、性別・職業を問わずすべての人が利用しやすい「ネイルケア」サービスを推進してまいります。

目に留まりやすい手や指先は、様ざまな場面やふとした仕草の度に意識され、また視覚的な刺激が作用することで内面の充足感を満たす効果も期待されます。

「健康的な自爪」に対する価値観を形成していきながら、ネイルケア文化が育まれる原動力となることがベレックスの果たすべき役割だと考えます。

引き続き、お客さまのニーズを満たすモデルを構築し、「日本世帯5900万世帯にネイルファイルがある風景」を目指して、「なくてはならない存在」であり続けるために持続的な成長を遂げてまいります。

八藤浩志の写真

べレックスホールディングス株式会社
代表取締役

八藤浩志